グループ・サウンズ

グループ・サウンズ(またはグループ・サウンド)(和製英語:group sounds)とは、
ギターなどの電気楽器を中心に数人で編成される、
演奏及び歌唱を行うグループ。
欧米における「ヴォーカル・アンド・インストゥルメンタル・グループ」の影響を受けたとされ、
1967年(昭和42年)初夏より1969年(昭和44年)春にかけ日本で大流行した。略称・GS

ということらしい。グループサウンズを調べていたら、wikiにのってました。

当時はかなりの人気だったことはうかがい知る事が出来ました。
自分の親世代にしたら、なつかしい青春時代なのだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です